DXとは何かについては、このブログでも度々取り上げているし、様々な人たちが、解説を述べている。また、経済産業省の「DXレポート」やIPAの「DX白書」が、リリースされるなど、その本質についての考察も深まりつつあるようだ。

そんなDXの解釈を改めて整理し直すと、次のようになるだろう。

「デジタル・テクノロジーの進展により産業構造や競争原理が変化し、これに対処できなければ、事業継続や企業存続が難しくなる。これに対処するには、自分たちの競争環境 、ビジネス・モデル、組織や体制を再定義し、企業の文化や体質を変革しなくてはならない。DXとは、そんな、変化に俊敏に対応できる企業/アジャイル企業へと変わるための変革である。」

この点については、以下に詳しく解説しているので、ご覧頂きたい。

【図解】デジタル化とDXの違い

もう少し、具体的な取り組みとして、DXを解釈すれば、次のように整理できる。

「デジタルに任せることができることは、徹底してデジタルに任せ、肉体的労働や知的力仕事から人間を解放し、人間にしかできないことに、人間は、徹底して意識や時間を傾けることができるようにすること」

デジタルを駆使して、業務の効率化やスピードアップを図れたとしても、それだけでは、予測できない未来に対処することはできない。だから、イノベーションが必要になる。

現実世界の変化をデータによってリアルタイムに収集し、これから起こりうる不連続な変化を予見し、新しいやり方を創り出す。それを試してフィードバックを得て、高速に改善を繰り返しながら、市場への定着を図る取り組みだ。これは、デジタルに任せることはできず、人間にしかできない。

「圧倒的なスピード」と「イノベーションの創出」が、日常の当たり前として、できる企業に変わることが、 DXの目指すところだ。これを次のような表現に置き換えることもできるだろう。

デジタルを前提に既存事業を再定義し、新たな事業価値を創出する

“デジタルを前提”とは、2つの視点がある。まずは、「社会の視点」だ。インターネットが広く普及し、誰もが、当たり前にスマートフォンを使いこなす社会になった。オンライでの買い物、ホテルや交通機関の予約は、誰もがネットを使っている。駅を降りれば地図サービスで自分の居場所と行き先を確認し、あと5分で到着することをLINEで相手に知らせることなど波、もはや日常だ。まさに社会は、“デジタルを前提”に動いている。

もうひとつの視点は、「事業の視点」だ。このような社会に対処するためには、自らの事業もデジタルを駆使することが必要になる。それができなければ、顧客は離れてしまうだろう。むしろ積極的に、デジタルを前提に新しいビジネス・モデルを作り出さなければ、事業の存続も難しくなる。

そのためには、これまで築き上げた既存事業のあり方や、その市場価値を“デジタルを前提”に再定義し、事業を組み立て直す必要がなる。

GAFAなどのデジタル・ネイティブ企業が、一般企業と大きく異なるのは、「既存事業」という概念がないことだろう。つまり、市場や顧客のニーズは常に流動的であり、その変化にダイナミックに対処し、自分たちの事業もまた流動的にアップデートを繰り返している。そんな彼らには、「業界」という、固有の常識の縛りはなく、いま社会が求めているビジネスをどんどんと繰り出してくる。これが既存の業界に、新しい秩序、あるいは、新しい競争原理を持ち込み、旧来の常識に拘る企業や業界を破壊しているわけだ。

彼らには、このチャートに描かれている「既存事業」が存在しない。だから、「既存事業を変革」する必要もない。つまり、彼らにはDXなど不要なわけだ。これこそが、彼らの強さの源泉になっている。

多くの企業は、「既存事業」を抱えている。だから、“デジタルを前提”に変革すること、すなわちDXが必要だ。この「既存事業」の存在こそが、DXの難しさの根源であろう。

この状況から抜け出すための1つの手段は、自分たちの「パーバス/存在意義」を再定義することだろう。

「パーパス=ぶれることのない自分たちの価値」は何かを明確にすることだ。古びたパーパスは捨て去り、いまの“デジタルを前提”とした時代にふさわしい、パーパスに置き換え、顧客や社会から、あるいは社員から、なくてはならい存在として、認めてもらうことだ。

そして、そのパーパスにふさわしい行動をとることが、結果として、企業の収益を向上させる。

例えば、次のような事例を見れば、そのことがよく理解できる。

デンマークの製薬会社ノボノルリスクは、「糖尿病の治療薬インスリンの開発と製造」を事業の目的に据えていたが、2020年に新たなパーパス「Defeat Diabetes(糖尿病に打ち勝つ)」を発表した。これは単に自社製品の販売を最大化するのではなく、医療従事者、病院、自治体等と世界中で連携し、予防も含めて糖尿病という病気に向きあっていくことを意味する。

PURPOSE パーパス・「意義化」する経済とその先)/岩嵜博論・佐々木康裕著・ニュースピックス・2021/P.73)

この会社は、自社のパーパスを再定義することで、糖尿病に苦しむ人たちのQOLや社会的損失にも目を向け、医薬品だけではなく、様々な手段を駆使して、糖尿病に関わる様々な諸問題を解決することを目的に、自分たちの事業を変えようとしている。

また、トヨタは、2001年、「Drive Your Dreams/新たな発想、無限の未来へ」とのモットーを掲げた。それを、2018年、「Mobility for All/すべての人に移動の自由と楽しさを」と変えた。これは、自らを「自動車メーカー」から「移動をサービスとして提供する会社」へと変わることの宣言である。これもまた、自分たちのパーパスを再定義することで、自分たちの事業もまた再定義し、収益構造やビジネス・モデルの転換を図ろうというわけだ。

そんな取り組みの一環として、2019年、ソフトバンクと合弁で設立した「MONET Technologies」や、2021年に建設に着手した「Woven City」がある。これまでの自動車を製造して販売する企業から、移動サービス企業へと変わるための施策を打ち出している。

そんなパーパスの再定義なくして、企業の存続や成長は難しい。

DXを「デジタル技術を駆使して、業務を改善することや新規事業を立ち上げること」だと矮小化して捉えるべきではない。確かにそれは、手段ではあるが、DXの目的でも、本質でもない。

まずはパーパスを再定義することから、はじめてはどうだろう。それが結果として、「デジタルを前提に既存事業を再定義し、新たな事業価値を創出する」コト、すなわち、DXとなるのではないか。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【10月度のコンテンツを更新しました】
======
研修パッケージ
・【改訂】総集編 2021年10月版
・【改訂】DX基礎編 デジタルトランスフォーメーションの本質とビジネス戦略
・【改訂】SI事業者のための最新のITトレンドとビジネス戦略 1日研修パッケージ
*トピックスとトレンドにつきましては、他の資料に統合するカタチで、メニューからは外しました。
======
ビジネス戦略編・DX
【改訂】デジタル化とはレイヤ構造化と抽象化 p.8
【新規】アンバンドル/リバンドル/エンハンスメント p.13
【新規】アンバンドル/リバンドルとクラウド p.14
【改訂】DXとはVUCAの時代に対応するための変革 p. 19
【新規】なぜ、自律的な組織が必要か p.20
【新規】DXのメカニズム p.21
【新規】デジタル化とDXの違い p.22
【改訂】DXの公式 p.119
【新規】DX戦略の位置付け p.197
【新規】DXの戦略と戦術 p.207
サービス&アプリケーション・先進技術編/AIとデータ
【新規】脳と人工知能/AIの関係 p.16
ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】サイバー・ハイジーン p.105
【新規】セキュリティの基本構成が変わる p.124
【改訂】5Gの社会実装に向けたロードマップ p.277
【新規】5Gの3つの特性とアプリケーション p.280
【改訂】ローカル5G(Private 5G) p.283
クラウド・コンピューティング編
【改訂】米国政府の動き p.35
開発と運用 編
【改訂】気付きからサービスに至る全体プロセス p.33
【新規】DXを実践するための環境 p34
下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 サービス&アプリケーション・基本編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 クラウド・コンピューティング編
 テクノロジー・トピックス編
 ビジネス戦略編・その他
  • DXレポート2.1から読み解く3つの事業モデル
    DXレポート2.1から読み解く3つの事業モデル

    2021年8月31日、経済産業省は、DXレポート2.1(DXレポート2追補版)を公開した。このレポートの前提となる2020年12月28日公開の「DXレポート2」...

  • 手法を真似ただけのアジャイル開発、業務をデジタル化しただけのDX
    手法を真似ただけのアジャイル開発、業務をデジタル化しただけのDX

    「アジャイル開発に取り組んではみたのですが、うまくいかないので、元のやり方に戻そうと思っています。」 あるSI事業者での講演の後、こんな話しを伺った。同様の話し...

  • 転職を武器にする時代
    転職を武器にする時代

    「もうすこし、お客様の業務や経営に関心を持つべきでした。」 SI事業者でSEマネージャーをしている50代前半の方から、こんな話を伺った。 彼は、ヘッドハンターの...

  • 【図解】デジタル化とDXの違い
    【図解】デジタル化とDXの違い

    AIを使った新規事業を立ち上げれば、それはDXになるのだろうか。リモートワークを実践し、そのためにワークフローを電子化して捺印や紙の書類を廃止すれば、それはDX...

Top