伝えたという自分の満足ではなく、伝わったという相手の真実が大切である

Top
MENU