失敗のリスク挙げ連ねて「すべきこと」を葬るのではなく、どうすればできるかに知恵を絞ること

Top
MENU