技術革新に目をつむることは「不作為の罪」に等しい

Top
MENU